多摩市東寺方にて屋根葺き替え工事 〜野地板張り〜

多摩市東寺方にて屋根葺き替え工事 〜野地板張り〜

先日より、多摩市東寺方にて屋根葺き替え工事を行なっております。
本日は、野地板張りを進めていきます。

まずは先日に引き続き、既存屋根剥がしからです。

葺き替え工事 既存屋根剥がし 葺き替え工事 既存屋根剥がし 葺き替え工事 既存防水シート剥がし 葺き替え工事 既存防水シート剥がし 葺き替え工事 既存防水シート剥がし 葺き替え工事 既存野地板剥がし

屋根材には目立つヒビ割れや破損などはありませんでしたが、屋根材をめくってみると防水シートに大きな穴が空いていました。
また、そこから雨水が内部へと染み出し、野地板も腐ってまでは至りませんが水分を大量に含んでいる状態でした。

屋根は屋根材だけで建物を雨水から守っているのではなく、屋根材とその下に敷いてある防水シートの二段構えで雨水を防いでいます。
降り注ぐ雨を屋根材が直接防ぎ、屋根材が防ぎきれなかった雨水、屋根材の隙間から内部へ入り込んだ雨水を防水シートが受け止めているのです。
つまり、屋根材が1次防水、防水シートが2次防水という訳です。

たとえ屋根材がまだ使用可能な状態であっても、防水シートに大きな穴が空いていれば、雨漏りのリスクが非常に高くなってしまいます。
その意味では、今回施主様が屋根葺き替え工事を検討されたのは、タイミング的にも工法も最適な選択だったと言えるでしょう。

屋根葺き替え工事 野地板張り 屋根葺き替え工事 野地板張り 屋根葺き替え工事 野地板張り

既存の防水シート、野地板を撤去した後は、屋根の新しい下地となる野地板張りを進めていきます。
屋根葺き替え工事とよく比較されるカバー工法では、この野地板や防水シートまでは修繕・補修を行わないません。
屋根の下地部分が新しくなるので、屋根リフォームという観点では屋根葺き替え工事が最もリフォーム効果が高い工法になります。

引き続き、現場の様子をお送りしていきます。