東京都練馬区にて屋根上葺き工事 〜着工・ルーフィング張り〜

東京都練馬区にて屋根上葺き工事 〜着工・ルーフィング張り〜

先日から、東京都練馬区にて屋根上葺き工事に着工しています。
本日からそちらの様子をお送りします。

まずは施工前の様子です。

東京都練馬区にて屋根上葺き工事 施工前 東京都練馬区にて屋根上葺き工事 施工前 東京都練馬区にて屋根上葺き工事 施工前 東京都練馬区にて屋根上葺き工事 施工前 東京都練馬区にて屋根上葺き工事 施工前 東京都練馬区にて屋根上葺き工事 施工前

見た目にも若干の褪色こそありますが、大きな劣化や破損は見受けれられません。
となると、「じゃあ屋根のメンテナンスしなくても大丈夫じゃ無いの?」と思われるかもしれません。
しかし、屋根は何か大きな被害が出る前の早め早めのメンテナンスが非常に重要です。

今回行う上葺き工事は、屋根全体を新品に取り替える葺き替え工事と比べて工期も短く、費用も抑えることができる人気の屋根工事です。
ただし、上葺き工事が行えるのは、屋根下地に問題が無い屋根に限られます。
雨漏りなどがすでに起こっており、屋根下地にまで雨水が及び、下地が腐食したり傷んだりしている屋根には下地の修繕工事が必要となります。
そうなれば、上葺き工事では対応できず、屋根を一旦すべて解体して下地まで取り換える葺き替え工事一択となるのです。

その意味で、今回上葺き工事をご依頼いただいた施主様のタイミングは、雨漏りなど不具合も起こっておらず、屋根もまだ綺麗な状態でのタイミングだったので、非常に良いタイミングでのご依頼と言えます。
建物自体に被害を出さないためにも、好きな工法を選ぶためにも、屋根は早め早めのメンテナンスが大切です。

上葺き工事の最初の工程として、まず既存屋根の上にルーフィングを張っていきます。

既存屋根の上にルーフィングを張っていきます 既存屋根の上にルーフィングを張っていきます 既存屋根の上にルーフィングを張っていきます 既存屋根の上にルーフィングを張っていきます 既存屋根の上にルーフィングを張っていきます 既存屋根の上にルーフィングを張っていきます

通常、屋根は下地→ルーフィング→屋根材の順に重なっていますが、今回は上葺きですので、既存の屋根をそのまま下地として利用します。
そのため、既存屋根が雨漏りなど不具合が起こっておらず、屋根下地がまだまだ使える状態というのが上葺きの条件となる訳ですね。

ではそのまま既存屋根の上から新しい屋根材を張っても良いんじゃないかと思われるかもしれませんが、ルーフィングの寿命は長くても20年までです。
そのため、新しい屋根を張るだけではルーフィングは寿命手前、もしくは寿命を過ぎたままになってしまいます。
ですので、あくまでも既存の屋根は下地として利用し、ルーフィングと屋根材は新しいモノを張っていく訳なのです。

工事はまだまだ続きます。
引き続き、現場の様子をお送りいたします。