新宿区にて外壁塗装工事 〜養生・シーラー塗装・サーフ塗装・下塗り〜

新宿区にて外壁塗装工事 〜養生・シーラー塗装・サーフ塗装・下塗り〜

先日より、新宿区にて外壁塗装工事に着工しております。
前回までに足場組み立て・高圧洗浄・シーリング工事まで完了していますので、本日はその続きからです。

まず、塗装の下準備として養生を建物全面に行います。

塗装の下準備として養生を建物全面に行います 塗装の下準備として養生を建物全面に行います 塗装の下準備として養生を建物全面に行います 塗装の下準備として養生を建物全面に行います 塗装の下準備として養生を建物全面に行います 塗装の下準備として養生を建物全面に行います 塗装の下準備として養生を建物全面に行います 塗装の下準備として養生を建物全面に行います

どれだけ塗装によって外壁が綺麗になっても、周囲に塗料を飛ばして汚してしまっては意味がありません。
また、一度でも塗料を飛ばしてしまうと一般の方には簡単に綺麗にはできず、後々多大な迷惑をおかけすることにもなります。
塗装工事自体も当然大切な工事ですが、こういった下準備も妥協なく細部まで丁寧に行います。
この作業をしっかりできるか、雑にするかが優良塗装業者と悪徳業者の大きな差と言っても過言ではありません。

続いて、タイル面にボンドコークを入れていきます。

タイル面にボンドコークを入れていきます タイル面にボンドコークを入れていきます タイル面にボンドコークを入れていきます タイル面にボンドコークを入れていきます タイル面にボンドコークを入れていきます

写真をご覧いただくとお分かりのように、タイル面と外壁の間に隙間ができています。
この後この上から塗装をしていくのですが、このまま塗装をしてしまうと塗膜の下に空洞ができてしまいます。
そうなると空洞に溜まった空気が寒暖差で膨張するため、塗膜の浮きや剥がれに繋がってしまうのです。
また、この外壁とタイル面のような別の建材が取り合う箇所は、雨漏りが発生しやすい箇所でもあります。
塗膜が長持ちするよう、そして今後雨漏りなど不具合を起こさないよう、しっかりと隙間を埋めていきます。

次に駐車場ガレージ内のシーラー塗装(一回目塗装)、サーフ塗装(2回目)を行います。

シーラー塗装(一回目塗装)、サーフ塗装(2回目) シーラー塗装(一回目塗装)、サーフ塗装(2回目) シーラー塗装(一回目塗装)、サーフ塗装(2回目) シーラー塗装(一回目塗装)、サーフ塗装(2回目)

シーラーは塗装において一番最初に塗る塗料であり、このシーラーがすべての下地となります。
プライマーと呼ばれることもありますね。
サーフは下地調整塗材になります。
この後に塗り重ねていく中・上塗りと塗装面の密着性を高める役割があり、さらにひび割れ追従性を持っているので、旧塗膜表面に発生している微細なひび割れや穴をカバーしてくれます。

本日の作業はここまでで、日を改めていよいよ本格的に下塗り作業に入っていきます。

下塗り作業 下塗り作業 下塗り作業 下塗り作業 下塗り作業

今回、下塗りは二回行っています。

下塗りは二回行っています 下塗りは二回行っています 下塗りは二回行っています 下塗りは二回行っています

外壁塗装は基本的には下塗り・中塗り・上塗りの3度塗りですが、塗料によっては4度、5度塗ることで効果を発揮するものもあります。
また、建材の状態によっても最適な塗装回数は変わってくるので、熟練の職人目線で状態を見極めて塗装を進めていきます。

前回、クラック(ヒビ割れ)の補修としてシーリング工事を行いました。
その際は隙間こそ綺麗に埋まったものの、明らかに上からシーリングを充填したのが丸わかりでした。
今回下塗りを入れることによってシーリングの跡は綺麗に消えましたが、目立つ箇所にはマスチックローラーにてパターンづけを行っています。

マスチックローラーにてパターンづけを行っています マスチックローラーにてパターンづけを行っています

マスチックローラーとはローラーの一種で、砂骨(さこつ)ローラー、多孔質ローラー、パターンローラーと呼ばれることもあります。
マスチックローラーは粘性の高い塗料を使い際に適していて、元の壁面の模様はを消して厚い塗装面を作ることができます。
今回のように、通常のウールローラーでは塗膜下のシーリング跡を消しきれない場合などに最適なローラーと言えます。
少しでも仕上がりがよくなるよう、様々な手法で臨機応変に塗装を進めていきます。

引き続き、現場の様子をお送りします。