多摩市東寺方にて屋根葺き替え工事 〜着工・既存屋根剥がし〜

多摩市東寺方にて屋根葺き替え工事 〜着工・既存屋根剥がし〜

本日から多摩市東寺方にて、屋根葺き替え工事に着工しました。

まずは施工前と既存屋根剥がし後の様子です。

屋根葺き替え工事 施工前 屋根葺き替え工事 施工前 屋根葺き替え工事 既存屋根剥がし後 屋根葺き替え工事 既存屋根剥がし後

屋根リフォームには、屋根葺き替え、屋根葺き直し、カバー工法など様々な工法があります。
その内、今回行う屋根葺き替え工事がリフォームという点において最も効果が高い工法になります。

屋根葺き直しは屋根材は再利用し、その下に敷いてある防水シートや屋根下地のみを新品に取り替えます。
屋根の内部は綺麗になりますが、屋根表面はそのままなので、今回のようなコロニアル屋根は葺き直しには向きません。
瓦のように耐用年数が長い屋根材なら良いのですが、コロニアル屋根は耐用年数が長くても20年程度なので、今回屋根材を取り替えないとまたすぐに取り替え工事が必要となってしまいます。
それなら今回一度で屋根材も防水シートも屋根下地も綺麗にしてしまった方が、長い目で見るとコストを抑えることができます。

一方でカバー工法は、既存の屋根材の上から新しい屋根材を文字通り被せる(カバーする)工法です。
費用が抑えることができ人気の屋根リフォーム工法ですが、防水シートや屋根下地に関してはそのままなので、あくまでも防水シートや屋根下地がまだまだ使える屋根に対して行われる工法です。

今回は、現在の屋根の状態、長い目で見た時にどの工法が屋根にかけるコストを一番抑えることができるかなど様々なことを考慮して、屋根葺き替え工事を提案させていただきました。
屋根葺き替え工事であれば、屋根材から防水シート、下地まで全て新品になるので高いリフォーム効果が期待できる、今後20年は大掛かりなリフォーム工事の必要が無いので、細かな屋根メンテナンスのコストを抑えることができる、という訳です。

引き続き、現場の様子をお送りしていきます。